大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都中央区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都中央区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都中央区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

中央区の防災情報です。

以下の内容は、中央区ホームページより抜粋して記載しています。

一時(いっとき)集合場所

避難者が広域避難場所へ避難する前の中継地点として一時的に集合する場所です。
広域避難場所への避難は、防災区民組織・町会などで集団をつくり避難する方法が有効なため、区が安全性や地域性を基準に選定しています。

>> 一時(いっとき)集合場所一覧

広域避難場所

大地震などで大火災が発生し、延焼が拡大したときの避難場所として、大規模公園等を東京都が指定しています。町丁目、町会などの単位で地区割当があります。
「地区内残留地区」は、木造の建物が少なく街区のほとんどがビルに囲まれているため、火災が発生しても延焼しにくいと想定される地域です。基本的には広域避難場所への避難は不要ですが、防災関係機関から避難勧告が出された場合には、その指示に従って指定の場所へ避難することになります。

>> 中央区の広域避難場所




防災拠点(避難所)と副拠点

防災拠点(避難所)は、災害時に住民が自宅に住み続けることが困難になった場合に一時的に避難する場所として、区が学校等の公共施設に設置します。また、家屋が焼失、倒壊した方の応急仮設住宅への移転までの避難所にもなります。副拠点は、防災拠点(避難所)への避難者が多く施設の受入能力を超えた場合に防災拠点(避難所)に近い公共施設に設置します。また、晴海地域においては、防災拠点までの距離を考慮して設置します。副拠点は主に宿泊機能に限定します。

>> 防災拠点(避難所)と副拠点の一覧

福祉避難所

通常の防災拠点(避難所)においては生活を続けることが困難である方を対象に福祉避難所を開設します。福祉避難所は、受入体制を整えた後に開設しますので、最初は防災拠点(避難所)に避難してください。

>> 福祉避難所一覧

防災マップ

>> 中央区防災マップ(PDF:3,705KB)




down

コメントする