大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都北区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都北区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都北区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

北区の防災情報です。

以下の内容は、北区ホームページより抜粋して記載しています。

いっとき集合場所

自主防災組織を中心に集団をつくり、持ち寄った情報に応じて救援活動や集団避難など効果的な行動をとるための集合場所です。

避難広場(避難場所)

大きな火災が起きなければ、ここに避難する必要は全くありません。ここは大地震による広域火災などから一時的に身を守るための場所です。

鎮火後、住居に被害があれば避難所等に移ることになります。

北区には東京都が14の避難広場を指定しています。

 >> 大震災時の避難広場(避難場所)(平成25年6月1日施行)




避難所

災害により住民が住居を失った場合等に開設します。避難生活のための物資については、避難所に用意されます。避難所での生活に適応困難な災害時要援護者の方は、福祉施設などに開設する福祉避難所に搬送します。

また、区立体育館等を予備避難所に位置づけています。

>> 北区防災地図(地図面)(PDF:9,202KB)  北区防災地図(概要面)(PDF:4,651KB)

down

コメントする