大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都品川区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都品川区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都品川区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

品川区の防災情報です。

以下の内容は、品川区ホームページより抜粋して記載しています。

広域避難場所

震災時に発生する延焼火災から身の安全を確保するために、一時的に避難する場所で、東京都震災対策条例に基づき、東京都が指定しています。
広域避難場所はおおむね5年ごとに見直されており、およそ5ha以上の空地や耐火建物群、河川敷、グランド、学校、公園・緑地などのオープンスペース、また輻射熱の影響が少ない安全な場所まで後退できる奥行きがある場所、などを要件に選定されています。

>> 品川区の広域避難場所一覧(PDF385.9KB)




避難所

品川区では、地震等によって家屋が倒壊したり、火災による延焼のため自宅での生活が困難な方のために、区民の身近な施設である区立の全小・中学校を避難所として開設します。
あらかじめ、町会・自治会単位で学校避難所を指定していますのでご自分の避難する小中学校をご確認ください。

>> 品川地区避難所一覧

>> 大崎地区避難所一覧

>> 大井地区避難所一覧

>> 荏原地区避難所一覧

>> 八潮地区避難所一覧

>> 避難所地図(別ウィンドウ表示)

★広域避難場所の他、一時集合場所、避難所、二次避難所などの場所を確認することができます。




down

コメントする