大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都墨田区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都墨田区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都墨田区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

墨田区の防災情報です。

以下の内容は、墨田区ホームページより抜粋して記載しています。

避難のルール

地震があってもすぐに避難するわけではありません。自宅が危険でなければ、そこにとどまった方が安全な場合もあります。状況に応じて、冷静に行動することが大切です。
火の手が迫ったり、家が倒壊する恐れがある場合には、それぞれ町会自治会ごとに定められた避難所などに避難します。避難の方法は、次の通りです。
1 自宅(被災現場)から一時(いっとき)集合場所に集まる。
2 一時集合場所から被災状況により、避難場所または避難所へ避難する。
3 避難所が延焼火災等の場合は、避難場所へ避難する。
4 災害が沈静化した後は、避難所へ避難する。

一時集合場所

住民防災組織(町会・自治会)の最初の情報拠点となる場所で、住民防災組織ごとに公園や学校などが指定されています。

避難場所

火災が発生し延焼火災となり、地域内では身の安全が確保できないときに、避難する場所です。大火災からの輻射熱の影響のない場所を、東京都が避難場所として指定しています。

避難所

地震災害で、わが家が倒壊したり、火災にあって、わが家に戻れない場合に、一時的な生活の場所として小・中学校が避難所として指定されています。

>> 一時集合場所、避難場所、指定避難所一覧(PDF:8,996KB)




防災マップ

墨田区では、一時集合場所・避難場所・避難所予定施設などを記した防災マップを作成しています。避難場所は指定されている地域を色分けし、どこの避難場所に避難すれば良いのかを分かりやすく表示しています。いざというときに備えて、事前に確認しておきましょう。

>> 墨田区防災マップ(表面)(PDF:8,071KB)

>> 墨田区防災マップ(裏面)(PDF:8,952KB)

すみだ防災パンフレット

南関東でマグニチュード7クラスの地震が、今後30年のうちに70パーセントの確率で発生するというデータがあり、東京を襲う大地震はいつでも起こり得るといわれています。すみだ防災パンフレット「地震に備えて」は、地震に対するご家庭での備えなどを紹介するものです。大きな揺れに備え、身の回りで日ごろからできる対策やけがの応急手当てなど知っていると役立つ情報を掲載しております。地震に対する正しい知識や心構えを暮らしの中に生かして、いざというときのために、ぜひご活用ください。
なお、冊子は防災課(区役所5階)で配布しています。

>> すみだ防災パンフレット「地震に備えて」




down

コメントする