大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都大田区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都大田区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都大田区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

大田区の防災情報です。

以下の内容は、大田区ホームページより抜粋して記載しています。

一時集合場所

避難所や避難場所へ集団で避難するための集結場所。
自治会、町会ごとに1箇所から数箇所を定めています。

避難所

大きな地震で家屋が倒壊、焼失して住む家を失った人が一時的に避難生活を送る場所。
大田区は区立小学校、中学校等の91箇所を避難所に指定し、自治会、町会単位で割り当てられています。
避難所生活は制約の多い不便な集団生活になりますが、少しでも円滑に共同生活ができるように、自治会、町会や学校関係者で構成された学校避難所運営協議会によって平常時から協議が行われています。
なお、大きな地震があったときでも、自宅等で生活が可能であれば避難所で生活をする必要はありません。
夜間、休日などに大きな地震が起こったときは、学校警備職員が校門の開放を行います。機械警備の学校については、避難所担当の大田区職員や近隣協力員(指定された近隣住民の方)が行います。

>> 避難所一覧




避難場所

地震の際の大火災から身の安全を確保し、火勢の衰えを待つ場所。
大田区内では多摩川の河川敷や平和島など11箇所が指定されており、自治会、町会ごとに割り当てられています。
なお、避難場所は大規模な延焼火災を想定して指定されたものであり、地震があってもすぐに避難する場所ではありません。
避難が必要なときは、テレビ、ラジオや区の防災無線放送を通じて呼びかけます。情報に十分注意をはらってくださ

>> 各自治会の一時集合場所・避難所・避難場所

なお、区内の避難所、避難場所、一時集合場所を掲載した大田区防災地図を作成し、区役所(5階防災課と2階区政情報コーナー)や、各特別出張所で配布しています。

>> 大田区防災地図(PDF:3,349KB)

down

コメントする