大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都文京区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都文京区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都文京区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

文京区の防災情報です。

以下の内容は、文京区ホームページより抜粋して記載しています。

災害時の避難について

地震による同時多発の火災が延焼拡大し、人命への危険性が高まったときや家屋の倒壊等により避難する必要があるときは、原則として、近隣の人、区民防災組織、事業所等の人々と一緒に避難所となる最寄りの区立小学校・中学校等(33か所)へ避難します。

その際、火災の延焼拡大・倒壊家屋等により、当該避難所や避難所までの道路が危険な場合は、一時的に近くの公園・児童遊園や、東京都が指定した文京区内の避難場所(7か所)に避難することもできます。

避難所

災害時、自宅が倒壊等により住むことができない場合、避難所(区立小・中学校等)へ避難して下さい。火災延焼等により危険がある場合は、避難場所(区内7か所)へ避難して下さい。

>> 避難所一覧

緊急避難場所

災害対策基本法の改正(平成25年6月)に伴い、これまでの「避難場所」から「緊急避難場所」に名称が変更となりました。

緊急避難場所とは、災害が発生し、又は発生する恐れがある場合にその危険から逃れるための避難場所として、異常な現象の種類ごとに安全性等の一定の基準を満たす施設又は場所です。文京区が指定する緊急避難場所は、以下の場所となります。

>> 避難場所(7ヶ所)一覧




妊産婦・乳児救護所

東日本大震災では、津波等の被害により、多くの方が家を失い、避難所での生活を余儀なくされました。避難所では、様々な方が共同で生活をするため、災害弱者である高齢者、障害者をはじめ、妊婦や乳児を抱えた母親は避難所生活において肩身の狭い思いをされました。

 そこで区では、区内にある大学や助産師会等の協力により、全国に先駆け、地震等による家屋の倒壊、又は倒壊の恐れがある場合に妊産婦・乳児のみを一時的に受け入れる「妊産婦・乳児救護所」として4ヵ所の私立大学を指定しています。

>> 妊産婦・乳児救護所として指定している施設

 

down

コメントする