大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都江戸川区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都江戸川区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都江戸川区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

江戸川区の防災情報です。

以下の内容は、江戸川区ホームページより抜粋して記載しています。

大地震に遭遇したら

大地震が起きたらすぐに避難という訳ではありません。家が無事で地域に火災などの危険がなければ、断水や停電が起きていてもあわてて避難する必要はありません。噂話やデマなどを信じて簡単に家を空けないようにしましょう。また、避難をするときはガスの元栓を閉め、ブレーカーを切り、火災などの二次災害を起こさないように努めましょう。

いつ避難するか

・ 近隣から出火し、火災が広がる危険があるとき、または、初期消火ができず、火が燃え広がる危険が大きいとき
・ 建物等が崩壊したり、倒壊の危険性があるとき
・ 区役所・警察署・消防署の退避勧告や指示があったとき




避難するときは

ヘルメット・帽子等で頭を保護し、軍手を着用、靴は丈夫で底の厚いもの、なるべく身軽にしましょう。
リュックサック等に最小限の貴重品・生活用品(非常持出品)を入れ、背負うようにしましょう。
自動車・オートバイなどによる避難はせず、徒歩で避難しましょう。
近所にお年より・子ども・身体の不自由な方がいる場合には、地域の人たちと協力して一緒に避難しましょう。

あなたの避難する場所は

災害発生により、区民の家屋が焼失・倒壊等した場合、区では被災地付近の小中学校を中心に避難者数に応じ、避難所を開設いたします。
避難所の開設にあたっては、区職員が施設の安全確認、避難者に応じた避難所としての開放場所の選定など避難所を開設するための事前準備を終えてから順次避難者を誘導いたします。

>> 避難所・避難場所の検索

注1 検索結果の避難所は最寄りの小中学校であり、江戸川区では地域ごとの避難所を指定しておりません

注2 避難場所は、大震災で万が一延焼火災が発生した場合などに生命や身体の安全を確保するため一時的に避難する場所です

>> 江戸川区全図防災マップ(PDF3498KB)

地区別の防災マップ

小松川地区  中央地区  葛西地区  小岩地区  東部地区  鹿骨地区




down

コメントする