大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都江東区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都江東区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都江東区の地域避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

江東区の防災情報です。

以下の内容は、江東区ホームページより抜粋して記載しています。

避難の心得

いつ避難するか

・ 初期消火ができず、火が燃え広がる危険性が大きいとき
・ 区・警察・消防署などから避難勧告や避難指示を受けたとき
・ 周囲の状況から避難の必要があると判断したとき

避難するところは

災害による被害の規模により、その避難するところは違います。
町会、自治会、災害協力隊ごとに一時(いっとき)集合場所に集合し、集団を形成してから、避難場所避難所に避難するようになっています。
地区内残留地区にお住まいの方や、避難場所が指定されている地区にお住まいの方でも避難所周辺で大規模火災の発生するおそれがないときは、避難所に避難しましょう。
避難場所が指定されている地区にお住まいの方、避難所周辺で大規模火災が発生するおそれがあるときは、避難場所に避難しましょう。




一時(いっとき)集合場所

地震などの災害により「避難場所」や「避難所」に避難する際に、一時的に集合し、避難するための集団を形成する中継地点を「一時(いっとき)集合場所」といいます。
一時集合場所は、小さな公園や児童遊園、広場などを災害協力隊(町会・自治会等を母体とする自主防災組織)が地域の実情に即して独自に定めています。

>> 一時集合場所一覧(96KB)

避難場所

震災時に拡大する火災から住民を安全に保護するため、東京都は「避難場所」を指定しています。
また、市街地大火が発生するおそれがなく、火災が発生しても地区内の近い距離(一区画程度)に退避すれば安全を確保でき、広域的な避難をする必要がない地区を「地区内残留地区」として指定しています。

>> 避難場所割当一覧表

避難所

地震などの災害により自宅で生活ができなくなった地域住民の生活の場として、区が災害の規模に応じて 区立小中学校、高等学校、公共施設、民間施設に順次開設する避難者受入施設を「避難所」といいます。

このうち、区立小中学校は、在宅被災者を対象とした食料・水・生活物資の配給(原則として発災後4日目以降)や、 地域の情報収集等の活動拠点としての役割も担うため、「拠点避難所」といいます。

また、避難所に避難された要配慮者(障害をお持ちの方や介護が必要な方など)のうち、通常の避難所での生活が特に困難な方々向けの施設としては、区内の福祉施設を選定し「二次避難所」(福祉避難所)として位置付けています。

災害発生時に最優先に開設される避難所は「拠点避難所」(区立小中学校)です。

>> 避難所一覧




down

コメントする