大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都渋谷区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都渋谷区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都渋谷区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

渋谷区の防災情報です。

以下の内容は、渋谷区ホームページより抜粋して記載しています。

渋谷区では、災害時の備えて一時集合場所避難場所、避難所が定められています。

一時(いっとき)集合場所

区立学校の校庭や区立公園などがあてられています。
ここで災害の状況を見極めます。また、避難場所へ避難するために集合します。
避難場所に近いときは、直接避難場所へ集合します。

>> 一時集合場所




避難場所

代々木公園など9か所があてられています。
一時集合場所に延焼火災などの危険が迫ったとき、災害対策本部から勧告があったときに避難する場所です。
地区内残留地区は、建物の不燃化が進み延焼火災の危険がないことから、地区内で火災を避けることで安全が図れると考えられる地域です。

>> 避難場所

避難所

自宅に被害があり生活できないときは、避難所で避難生活を始めます。
区立小中学校など32か所が指定されています。
このほかに、高齢者や障害者のための二次避難所を整備しています。

>> 避難所施設一覧




down

コメントする