大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都港区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都港区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都港区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

港区の防災情報です。

以下の内容は、港区ホームページより抜粋して記載しています。

避難の流れ

広域避難場所が指定されている地区の避難の流れ

  1. 各町会、自治会等で定めている一時(いっとき)集合場所に集合し、お互いの安否確認、災害の現状を確認します。
  2. 火災の延焼の危険性がある場合、指定された広域避難場所に避難します。
  3. 揺れが収まり火災が鎮火(または下火)したら自宅に戻りますが、倒壊・焼失等で自宅が居住困難な場合は、自宅の修復又は応急仮設住宅ができるまでの間、最寄りの避難所に避難します。

地区内残留地区に指定されている地区の避難の流れ

  1. 各町会、自治会等で定めている一時(いっとき)集合場所に集合し、お互いの安否確認、災害の現状を確認します。
  2. 火災の延焼の危険性が極めて低い地区なので、広域的な避難を行う必要はありません。揺れが収まり火災が鎮火(または下火)したら自宅に戻りますが、倒壊・焼失等で自宅が居住困難な場合は、自宅の修復又は応急仮設住宅ができるまでの間、最寄りの避難所に避難します。




広域避難場所

震災時、火災の延焼による危険から避難する場所。

地区内残留地区

震災時、火災の延焼の危険性が少なく、広域避難場所に避難する必要がない地区。

区民避難所(地域防災拠点)

災害による家屋の倒壊・延焼等で被害を受けた区民の一時的な生活場所。

福祉避難所

在宅や区民避難所(地域防災拠点)での生活が困難で、介護などのサービスを必要とする高齢者や障害者の一時的な生活場所。

>> 広域避難場所・避難所一覧

港区の各地区防災マップ

>> 芝地区 防災マップ

>> 麻布地区 防災マップ

>> 赤坂・青山地区 防災マップ

>> 高輪地区 防災マップ

>> 芝浦港南地区 防災マップ




down

コメントする