大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都目黒区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都目黒区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都目黒区の地域避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

目黒区の防災情報です。

以下の内容は、目黒区ホームページより抜粋して記載しています。

避難について

まず最寄の地域避難場所に避難します。お住まいの地域による避難場所指定はありませんので、火の手や風向きなどを考えて、安全な方向の地域避難所に避難します。

家屋の倒壊や火災による延焼のため自宅等に滞在が困難な場合は、お住まいの住区エリア内の地域避難所に避難します。

地域避難所

地域避難所には、区立の小・中学校、めぐろ学校サポートセンター、碑文谷公園、めぐろ区民キャンパス、区内の都立高校、計38か所が指定されています。家屋の倒壊や、火災による延焼のため、自宅等に滞在が困難な場合に利用する避難所です。お住まいの住区エリア内の地域避難所に避難します。なお、ペット(原則として犬・猫・ウサギ等の小動物)と同行避難ができますが、飼育場所は限定されます。




>> 地域避難所一覧

地域避難所の主な設備

災害時用トイレ、特設公衆電話、井戸、防災倉庫、防災行政無線設備

地域避難所の主な機能

災害対策本部が入手した情報を提供します。給水や支援物資の配給拠点となります。

補完避難所

住区センター、社会教育館等、計49か所が指定されています。避難者が増加し、地域避難所では受け入れきれない場合や地域避難所での生活が困難であると認められる避難者を受け入れる場合に利用する避難所です。

福祉避難所

特別養護老人ホーム、福祉工房、高齢者センター等、計20か所が指定されています。地域避難所での生活が困難な要介護高齢者や障害をもつ方を受け入れる場合に利用する避難所です。

広域避難場所

東京都が指定する大規模公園などのオープンスペースで、区内には7か所の広域避難場所があります。地域避難所に火災の延焼などの危険が迫り、さらに避難が必要となった場合には、警察署や消防署の協力を得て、広域避難場所に集団で避難します。ここで火が消えるのを待ち、身を守ります。

>> 広域避難場所一覧




防災マップ

>> 目黒区の防災マップ

down

コメントする