大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都練馬区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都練馬区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都練馬区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

練馬区の防災情報です。

以下の内容は、練馬区ホームページより抜粋して記載しています。

大震災、そのときあなたは

大地震で、あなたの身近に起こりうる事態は、家具の転倒、家屋の倒壊、同時多発火災などです。また、同時に多くのけが人・要救助者が発生します。

  • “避難”は、最後の手段! 火災など身に危険が迫ったり自宅が無事でないときに避難を!
  • 大地震の直後は、その場その場でできることを!

大きな地震が起きたときには、何よりもまず「その場に応じて、自分や家族の身を守る、火事を小さいうちに消す、火を出さないといったことが大切です。
地震の揺れを感じたら、すぐに身を守る行動(自分や家族の身の安全の確保)をとり、隣近所で助け合って、次に示した行動をとりましょう。

  • いざというときは、最寄りの区立小中学校へ

避難は最後の手段です。
家屋の倒壊の危険があったり、火災の拡大などで危険が身近に迫ったとき、また区から避難勧告が出た場合などのときには、お住まいの近くにある区立の小・中学校(避難拠点)に避難してください。
地域の安全確保・火災防止等のため、地域における一斉避難はできるだけ避けるように心がけましょう。




区立小・中学校が地域の避難所+防災拠点に

避難拠点は、震度5弱以上の地震が起き、被害があり、かつ避難者がいる場合に開設されます。その主な役割は、次のとおりです。

水・食料の配給拠点
避難生活を支援
復旧・復興情報を提供
簡単な手当・健康相談
被災者の相談
救助の要請

避難拠点には、無線通信機・防災資器材やアルファ米、毛布、簡易トイレなど、避難生活に最低限必要なものが備蓄されています。
避難拠点は、近隣に居住し指名を受けている避難拠点要員(区職員、学校職員)、地域の皆さんからなる避難拠点運営連絡会によって、開設・運営されます。
人手はいくらでも必要になりますので、ぜひ積極的にご協力ください。

>> 練馬区避難拠点/大規模水害時の避難所一覧

練馬区防災地図

練馬区では、震災時における避難拠点や医療救護所、防災井戸などを記した防災地図を作成しています。
印刷物は、区が各戸配布している「わたしの便利帳」にはさみ込まれているほか、危機管理室窓口でも受け取ることができます。
普段から最寄りの避難拠点や防災井戸の位置、避難経路などを確認しておきましょう。また、災害時にはインターネット等がつながらない可能性がありますので、ダウンロードしておきましょう。




>> 練馬区防災地図(平成27年8月発行)軽量版(PDF:4,157KB)

ご自分のお住まいの周辺についてお知りになりたい場合には、こちらの区域図が軽量で精密です。

>> 北町、平和台、氷川台地域(PDF:1,804KB)

>> 光が丘、春日町、土支田地域(PDF:1,995KB)

>> 大泉学園町、西大泉地域(PDF:1,769KB)

>> 練馬、桜台、旭丘地域(PDF:1,870KB)

>> 貫井、南田中、下石神井地域(PDF:2,048KB)

>> 東大泉、石神井台、関町地域(PDF:1,887KB)

>> 練馬区避難拠点/大規模水害時の避難所一覧

down

コメントする