大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都葛飾区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都葛飾区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都葛飾区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

葛飾区の防災情報です。

以下の内容は、葛飾区ホームページより抜粋して記載しています。

災害時の避難方法については、以下のとおりです。

一時集合場所・避難場所

避難するときは、まずは一時集合場所に集まり、地域の皆さんと状況を確認しましょう。火災の拡大など地域にとどまることが危険な場合は、集団で避難場所に避難します。

一時集合場所は、地域の皆さんが避難場所に避難するため最初に集まる場所です。(注釈)避難場所は、広さや位置を考えて地域ごとに指定しています。火災などにより指定された避難場所に避難できないこともありますので、他の避難場所も確認してください。

避難場所へはお互いに声を掛け合い、集団で歩いて行きましょう。自動車での避難は交通渋滞を招き、救援活動の妨げや、2次災害の危険があります。
日ごろから非常持ち出し品を備えておき、持ち物は最小限にしましょう。




>> 一時集合場所一覧 (PDF 750.9KB)

>> 避難場所一覧(PDF46.9KB)

>> 避難場所位置図(PDF1.5MB)

避難所

避難所は、家屋の倒壊等により住居等を損失するなど、救助を要する者を収容保護し、応急的な食糧等の供給を行うため開設します。

>> 避難所一覧(第1順位 区立小中学校) (PDF 55.0KB)

>> 避難所一覧(第2順位 都立高校、私立高校及び公共施設) (PDF 26.9KB)

>> 避難所一覧(第2順位 憩い交流館、高齢者施設及び障害者施設等) (PDF 31.0KB)

防災活動拠点

葛飾区では、地域の人々が「自分たちのまちは、自分たちで守る」ことを目的に、消火・救助活動や被災者に対する生活支援を行う防災設備を備えた公園を防災活動拠点として整備を進めています。

平常時は、公園として地域の人々の憩いや安らぎの場として利用されるとともに、防災訓練を実施する地域活動の場として活用します。
災害時には、地域やボランティアの人たちによる消火や炊き出し、応急活動などを行う場として利用します。

防災関係設備としては、施設により異なるところもありますが、防災倉庫や洗い場、雨水貯留槽、かまど兼用ベンチやマンホール直結トイレなどが設備されています。
これらの設備は、地元自治町会によって構成されている管理運営委員会が、この設備を点検し、災害時に備えています。

>> 防災活動拠点一覧(PDFファイル 9KB) (PDF 55.2KB)




down

コメントする