大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都豊島区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都豊島区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都豊島区の避難所(救援センター)!大震災で自宅に住めないときはココへ!

豊島区の防災情報です。

以下の内容は、豊島区ホームページより抜粋して記載しています。

避難場所

避難場所とは、地震に伴う大規模な延焼火災から都民の命を守るために、東京都が指定しているものです。また、地区内残留地区とは、火災が発生しても延焼の恐れが少なく、避難をする必要がない地区です。

避難場所は、地震に伴う大規模な延焼火災から都民の命を守るために、東京都が指定しているもので、昭和47年から、おおむね5年ごとに見直しが行われています。

>> 豊島区の避難場所一覧

救援センター

避難場所等とは別に、区では、地震などの災害により、自宅にいることのできなくなった方々が、一時的な避難生活をするための施設として、また、被災者に対する応急活動拠点として、区立の小中学校等を救援センターとして指定しています。

震災時における防災活動の拠点として、区立の小中学校等33箇所を「救援センター」として指定し、災害対策に必要な設備や資器材の整備、食料・生活必需品の備蓄をしています。
「救援センター」では、災害情報の伝達、給食・給水、医療救護などの応急活動を実施し、住居を喪失した、被災者に宿泊のための避難所を開設します。




>> 小学校

>> 中学校

>> その他の施設

>> 救援センターの地図(H27.1現在)(PDF:294KB)

down

コメントする