大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

東京都足立区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

time 2016/08/29

東京都足立区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

東京都足立区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

足立区の防災情報です。

以下の内容は、足立区ホームページより抜粋して記載しています。

避難の手順(一時集合場所・避難場所・避難所)

避難の手順は、原則として、次のとおりとなっています。ただし、火災の状況等により、指定の避難場所に移動することが危険な場合には、他の避難場所に向かうなど臨機応変の行動が必要となります。

  1.  一時(いっとき)集合場所へ避難します。大きな火災等が発生し、その地域にとどまるのが危険であると判断された場合は、一時集合場所から避難場所(区内に30カ所あり、住所ごとに指定されています)に集団で避難してください。
  2.  避難場所で、火災などの危険な状況が落ち着くまで様子を見ます。災害が落ち着いた段階で自宅に帰宅することになります。自宅が倒壊・焼失等で生活が出来ない場合、指定の避難所へ移動して生活します。




一時(いっとき)集合場所

大規模火災や大地震など、災害が発生した場合に、避難場所(区内に30カ所)や避難所(区内の小・中学校や福祉施設)に集団で避難するために、一時的に集まる場所です。

>> 一時集合場所

避難場所

避難場所とは、大地震などで延焼火災が発生した場合、大火から身を守るために避難する場所です。25年6月、区内の避難場所が30カ所になりました。皆さんの避難場所を確認してください。

>> 避難場所(PDF1293KB)

第一次避難所

自宅が倒壊・焼失等で生活が出来ない場合、指定の第一次避難所へ移動して生活します。第一次避難所は、区立の小中学校、都立高校などが指定されており、災害発生時には、避難所近隣の町会・自治会を中心とした避難所運営本部により開設されます。

>> 第一次避難所




第二次避難所(福祉避難所)

第一次避難所での生活が難しい災害時要援護者の方々のために、福祉施設、地域学習センターなどが第二次避難所(福祉避難所)として指定されています。第二次避難所(福祉避難所)は区が開設し、必要に応じて介護サービスなどを確保します。

 >> 第二次避難所

down

コメントする