大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

子育てママ必見!防災グッズとしても役立つAKOAKO携帯スリング!赤ちゃんの抱っこ紐が大絶賛!

time 2016/05/11

子育てママ必見!防災グッズとしても役立つAKOAKO携帯スリング!赤ちゃんの抱っこ紐が大絶賛!

今、子育て中のママさんたちの間で大人気のグッズがあります!

いつも寝ぐずりしてなかなか寝てくれなかった赤ちゃんがスヤスヤ寝てくれる魔法の袋

それは AKOAKO携帯スリング です!

AKOAKO携帯スリングが多くのママたちに愛されている理由

1.抱っこよりもぐっすり

スリングは安定感がありしっかりホールドされるので、抱っこよりもよく寝てくれると大好評。移動用だけでなく、なかなか寝てくれない時こそ、スリングの本領発揮です。

2.秒速で泣き止んじゃいます

スリングに入れるとかえって泣いちゃうんじゃないの!?と思ったら是非お試しを!袋の中で赤ちゃんを胎児と同じような姿勢でやさしく包み込むので、多くの皆様の驚きのレビューのとおり、不思議とすぐ泣き止んでくれます。

3.体にフィットしてストレス軽減します

AKOAKO携帯スリングは、輸入ものなどと違い、肩幅など日本人の体型に合わせた設計。だから、上手に重さを分散して肩や腰など特定の部分だけに負担をかけることはありません。抱っこで気になる肩こり・腰痛・腱鞘炎などからママを守ります。

4.通気性良い1枚仕立てで丸洗いできます

固くて厚手の抱っこ紐などでは、ママと赤ちゃんの体温で暑くて大変という声も。AKOAKO携帯スリングは、1枚仕立てで快適素材を揃えているので通気性も良くお洗濯も簡単。だからいつも清潔です。

5.全30色!カラフルでオシャレ!

シンプル&カラフル&コンパクト!まるでストールのような生地で赤ちゃんをコンパクトに抱っこできるので、おしゃれなママも太鼓判。服とのコーディネートのために、色違いでリピートするママが多いです。

Sponsored Links

まだまだ、便利なところがたくさんあります。

 セッティングはたったの3秒!

 ポケットに入るコンパクトサイズ!

 サイズも豊富!

 使い方は、3ステップで簡単!

image

image

 抱き方は、カンガルー抱き、寄り添い抱き(コアラ抱き)、おんぶと多彩!

多くの利用者からこんな声が届いています!

「抱っこで歩いていないと寝てくれなかった娘がスリングですぐに寝てくれるようになりました。両手もフリーになり、泣き声からも解放されてストレスがぐんと減りました。」

「初めて使ってみたところ、直ぐに寝てくれるので、毎日の家事や買い物の時に使っています。今では外出が増えました。買って良かったです。」

「かなり便利です。もうすぐ2カ月になる子供を基本抱きで使用。両手使えます。」

「これは良かった。まず、肩への負担がだいぶ減りました。電車で1時間のお出かけに使っても余裕でした。ちなみに息子、体重9キロです。しかも抱っこ紐より大分涼しい。」

「これで抱っこしていると、ホントにみんなから「おしゃれだね。」とか褒められます。」

「首がすわる前のお出かけにかなり重宝しています。これから出産する人にもプレゼントしたいです。」

「初スリングでしたが、動画を見ながら不器用な私でも簡単に出来ました。上の子の時はガッチリした抱っこひもを使っていたんですが、スリングがこんこなに楽だとは思いませんでした。ベビちゃんもスヤスヤ寝てくれて助かります。」

子育てママにとっては普段使いとして当然助かりますが、これがなんと防災グッズとしても大助かりなのです。災害時には大人でも不安なのですから、赤ちゃんはもっと不安!なかなか寝付けずに、避難所で苦労するママさんたちにとっては必需品です!

Sponsored Links

もっと詳しく知りたい方、すぐ買ってみたい方・・・コチラからどうぞ。

↓↓↓

down

コメントする