大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

富士川河口断層帯と南海トラフの連動性が判明!今こそ東海地震への備えを!

time 2016/05/20

富士川河口断層帯と南海トラフの連動性が判明!今こそ東海地震への備えを!

富士川河口断層帯と南海トラフの連動性が判明!

産業技術総合研究所は、

・富士川河口断層帯の海陸の連続性と、駿河トラフとの位置関係が判明したこと

・富士川河口断層帯で、最も活動度が高い活断層とされる入山瀬断層の海陸での正確な位置を確定したこと

を公表しました。

image

(出所)産業技術総合研究所のホームページより

富士山麓から静岡県東部の駿河湾に流れ込む富士川の河口付近にかけて、南北26キロ以上にわたって伸びる富士川河口断層帯とは、国内でも最もズレ幅が大きい断層帯のひとつ、つまり大地震を引き起こす危険性のある断層帯と言われていました。

今回、産業技術総合研究所の調査結果では、「富士川河口断層帯は、南海トラフで大地震が発生した場合に、連動して大きな被害をもたらす可能性がある。」ということがわかりました。

南海トラフは、ひとたび地震が起きると、マグニチュード9を超える大地震の発生が予測されている危険地域です。その南海トラフの端部分は駿河湾奥につながる「駿河トラフ」と呼ばれていて、いわゆる東海地震の危険がずいぶん前から指摘されている場所です。

image

(出所)産業技術総合研究所のホームページより

私たちは、今回の研究成果を有益に活かして、自らの生命を守ることにつなげていかなくてはなりません。

今年の4月に起きた熊本地震でも、これまでにはなかったことが起きています。

経験則ということが通用しない自然災害に対処するために完全な備えはありませんが、

今、できる限りのことを行っておくことが必要です。

Sponsored Links

今こそ地震に対する備えを!

今、日本では多くの研究者たちが必死になって大地震の発生を少しでも早く予知して被害を最小限に留めることができるように・・・と奮闘しています。彼らの警告は真摯に受け止めて、当たり外れを問題にするのではなく、国民一人ひとりが防災に対する意識を高くもって、いざという災害時に備えることが寛容です。

彼らの研究を無駄にしないためにも、そして、私たち一人ひとりが命を大切にして生き抜くためにも!

>> 防災グッズ(地震対策用品30点セット)ならコレがオススメ!

めざましテレビ、ヒルナンデス、グッドモーニング等のテレビや雑誌で紹介され、

楽天週間MVP、ランキング総合1位獲得!

大手企業や官公庁でも多数採用実績アリ!

グッドデザイン賞受賞の防災セット!

被災者の声を元に防災士が厳選した地震対策30点避難セットです!

お買い求めは、コチラからどうぞ!

↓↓↓


グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】

チェック項目

1.避難用リュックは準備していますか?

>> 防災セットならコレ!楽天市場で売り上げ1位は防災士監修の優れもの!

2.家具転倒防止の対策はお済ですか?

>> 家具の転倒防止グッズなら不動王!楽天で第1位獲得!

3.防災用テントは準備していますか?

>> 防災用にテントは必需品!これで避難生活を乗り切る!

4.ライトや充電器を搭載したラジオは準備していますか?

>> 防災グッズのオススメ!手回し式のライト搭載ラジオ!スマホの充電器にも大活躍!

5.エコノミークラス症候群への対策はお済ですか?

>> エコノミークラス症候群の予防にはスイスのペノサン社製弾力ストッキング!

6.モバイルバッテリーは携帯していますか?

>> SOLOVEモバイルバッテリーなら大容量で急速充電!オシャレで可愛い防災グッズ!

Sponsored Links

down

コメントする