大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

南海トラフの震源域における「ひずみ」の分布を海上保安庁が解明!

time 2016/05/24

南海トラフの震源域における「ひずみ」の分布を海上保安庁が解明!

南海トラフの震源域における「ひずみ」の分布を海上保安庁が解明!

海上保安庁が行ったGPSを使った海底の地盤観測によって、南海トラフの震源域における「ひずみ」の分布が解明されました。

image

巨大地震の発生が予想される南海トラフは、陸側プレートの下に海側プレートが沈み込んでひずみがたまり続けており、過去に繰り返し巨大地震が発生している地震多発エリアです。

国は今後、30年以内にマグニチュード8から9の巨大地震が発生する確率が60%から70%としていますが、震源域が海底のため何処で「ひずみ」がたまっているか詳しく分かっていませんでしたが、今回の海上保安庁の観測によって、その「ひずみ」の分布が解明されたことにより、大地震の際の揺れの大きさや津波の状況などが予測しやすくなりました。

この分布図で見ると、色の濃い部分に「ひずみ」が多く溜まっているということが一目瞭然です。

特に、四国の沖合や東海地方の遠州灘の沖合と紀伊半島の周辺の沖合で、ひずみが多く溜まっている様子がわかります。

このひずみが分布しているエリア付近にお住いの方は、震災の被害を最小限に留めるため、そして生命の安全のため、どうか周到な備えをしてください。

Sponsored Links

今こそ地震に対する備えを!

今、日本では多くの研究者たちが必死になって大地震の発生を少しでも早く予知して被害を最小限に留めることができるように・・・と奮闘しています。彼らの警告は真摯に受け止めて、当たり外れを問題にするのではなく、国民一人ひとりが防災に対する意識を高くもって、いざという災害時に備えることが寛容です。

彼らの研究を無駄にしないためにも、そして、私たち一人ひとりが命を大切にして生き抜くためにも!

>> 防災グッズ(地震対策用品30点セット)ならコレがオススメ!

めざましテレビ、ヒルナンデス、グッドモーニング等のテレビや雑誌で紹介され、

楽天週間MVP、ランキング総合1位獲得!

大手企業や官公庁でも多数採用実績アリ!

グッドデザイン賞受賞の防災セット!

被災者の声を元に防災士が厳選した地震対策30点避難セットです!

お買い求めは、コチラからどうぞ!

↓↓↓


グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】

チェック項目

1.避難用リュックは準備していますか?

>> 防災セットならコレ!楽天市場で売り上げ1位は防災士監修の優れもの!

2.家具転倒防止の対策はお済ですか?

>> 家具の転倒防止グッズなら不動王!楽天で第1位獲得!

3.防災用テントは準備していますか?

>> 防災用にテントは必需品!これで避難生活を乗り切る!

4.ライトや充電器を搭載したラジオは準備していますか?

>> 防災グッズのオススメ!手回し式のライト搭載ラジオ!スマホの充電器にも大活躍!

5.エコノミークラス症候群への対策はお済ですか?

>> エコノミークラス症候群の予防にはスイスのペノサン社製弾力ストッキング!

6.モバイルバッテリーは携帯していますか?

>> SOLOVEモバイルバッテリーなら大容量で急速充電!オシャレで可愛い防災グッズ!

Sponsored Links

down

コメントする