大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

統計学で地震予知ができる日は近い!?尾形良彦ってどんな人?

time 2016/09/12

統計学で地震予知ができる日は近い!?尾形良彦ってどんな人?

統計学で地震予知ができる

2016年9月11日に放送されたNHKスペシャルでは、巨大地震の予知に取り組んでいる研究者たちの最前線の様子が生々しく放送されました。東北大学の遠田晋次氏が打ち出した仮説は、「地震は連鎖する」「地震によるひずみとその後に起きた小さな地震の積み重ねで次の新たな地震の火種ができる」というもので、実際に今年4月に起きた熊本地震はこの仮説に基づけば予知することができたそうです。
また、南海トラフ地震の予知への取り組みでは、海底の小さな振動を計測してプレートがゆっくりズレ動く「スロースリップ」を監視する取組みがスタートしています。スロースリープは、次の巨大地震に向けた準備的な地殻活動で、実際に、東日本大震災が発生する前にも宮城県沖の海底でこのスロースリップが観測されているんです。

こんなさまざまな地震予知の取り組みの中で、ちょっと毛色の変わった手法で地震予知に取り組んでいる研究者が紹介されました。その人が、統計学者で統計数理研究所の名誉教授の尾形良彦氏です。

Sponsored Links

尾形良彦氏ってどんな人?

尾形良彦氏は、統計学を一筋に歩んできた方で、研究テーマは「統計地震学」「点過程の統計解析」「ベイズモデルとその応用」「地震の確率予報精度向上のためのハイブリッドモデリング」といったものです。なんだか、難しそうなテーマですね。

実は、尾形良彦氏は、地震の分野では世界的に知られる著名な研究者なんです。
彼が、1980年代に発表した地震活動の特徴を見るETAS(イータス)モデルは、世界各国で使用されており、その論文引用は250本と記録的な数を誇っています。地震国である日本で蓄積された膨大なデータを生かした彼の研究活動は、大地震を起こす地下の断層がご近所同士で会話し、連発地震につながるという衝撃的な事実を示しています。統計学から地震学へのアプローチは、今では世界規模の地震予測活動に広がっています。

尾形良彦氏が、統計学の研究対象を地震予知としたきっかけというか理由は、たまたま、公開されている地震データが山ほどあったからだそうです。けっこう単純な理由なんですね。
そして、事故などが起きる危険度の変化をみる「点過程」の理論を地震予知に応用するという発想を打ち出しました。その考え方は、今でも、気象庁やアメリカで余震の確率予測に使われているそうです。

尾形良彦氏が世界的に有名になったのは、彼が発表したETASモデルです。
このモデルを地震のデータにあてはめると、その地震の活動変化を検出して、異常性の有意性を測ることができるという凄いモデルです。このモデルは、地震活動の標準モデルとして国際的に受け入れられ、広く使われているんです。

Sponsored Links

近い将来「地震予報」が始まるかも!?

NHKスペシャルでは、尾形良彦氏が作成した地震が発生する確率の高さを色で示した地図が登場しました。まだ、未公表だという説明がされていましたが、最近の震度4~5クラスの中規模の地震の大半が彼の地図で示された赤い部分(地震の発生確率の高いエリア)と重なっていることに衝撃を覚えました。天気予報の地震版のようなイメージです。
実は、アメリカの西海岸の地域では地震が多く、既に地震予報のような情報が公表されているらしいのです。
日本でも、ひょっとしたら近い将来、地震予報といった情報が好評される日が来るかもしれません。

多くの研究者の努力で、地震予知がより精度の高いものとなってくれば、あとはその情報を受け取った私たちがいかに防災に有効活用するかということが大切になってきます。
少しでも被害を少なく、一人でも多くの人命が助かるように・・・この研究成果を活用していきたいものです。

NHKスペシャルを見逃した方へ

NHKのドラマ・映画・ドキュメンタリー番組などを見逃してしまって、視聴したいという方にオススメの動画配信サービスがあります。
ただし、その動画配信サービスをご紹介する前に、アナタはNHK番組だけを再視聴したいですか?それとも、できることなら民法のドラマ・アニメ・バラエティ等の番組、いやいや、ついでに海外ドラマや映画も視聴したいですか?

もし、NHK番組だけを再視聴したい場合には、「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。
しかし、もしNHK番組以外にも、他の民放の番組や海外ドラマ、映画なども視聴したいという方には、「U-NEXT(ユーネクスト)」という動画配信サービスがオススメです。以下では、ユーネクストについて、詳しくご説明します。

二大動画配信サービスと言えば、Huluユーネクストですが、なぜHuluではなくユーネクストがオススメなのかと言うと・・・

Sponsored Links

ポイント1 配信作品数が多く、最新作が充実している!

最新作から名作まで120,000本以上を配信、毎月2,000本以上更新!
また、DVD発売前の最新作などレンタル作品が40,000本以上楽しめます。
この作品数は、国内最大です。
ちなみに、Huluは約13,000本の作品数です。

ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!

ユーネクストの作品数が多い理由は、「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類があるからです。レンタル配信作品は、有料コンテンツとなりますが、毎月もらえる1,000円分(登録時は600円)のU-NEXTポイントでお得に見ることができます。
因みに、Huluは見放題作品のみですから、今放送している番組の作品数は少ないです。

ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!

登録時に600円分、その後は毎月1,000円分のU-NEXTポイントがもらえるので、レンタル配信作品(有料コンテンツ)もお得に視聴することができます。
なお、ポイントの有効期限は発行日から45日間となっています。
余ったポイントは、コミックや書籍の購入にも使えます。
さらに、後からご説明するNHKオンデマンドのパック料金にも使えるんです!
ユーネクストは月額1,990円(税抜)とhuluの933円(税抜)より高い料金設定になっていますが、1,000円分のポイントを相殺すればほぼ同額ということになります。

ポイント4 さまざまなデバイスに対応!

あらゆるデバイスで見たい時に見たい場所で視聴できます。

ポイント5 ファミリーアカウントも含め4アカウント!

1人の登録で子アカウントを無料で3つまで追加でききます。家族4人で使えば、実質1人500円弱ってことになります!つまり、1人の登録で最大4台の機器で同時視聴可能です!
因みに、Huluは1アカウントしかありません。

ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は、70誌以上の雑誌が読み放題!

ポイント7 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)
なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。

ポイント8 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!

NHKオンデマンドとは、NHKで放送されたドラマ・ドキュメンタリー・情報バラエティなどの様々な番組が楽しめるサービスです。「NHK見逃し見放題パック」と「NHK特選見放題パック」の2種類があり、いずれも月額972円(税込)です。ユーネクストを登録すると、U-NEXTポイントを使ってNHKオンデマンドの見放題パックを見ることができます。

本ページの情報は2016年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

今こそ地震に対する備えを!

今、日本では多くの研究者たちが必死になって大地震の発生を少しでも早く予知して被害を最小限に留めることができるように・・・と奮闘しています。彼らの警告は真摯に受け止めて、当たり外れを問題にするのではなく、国民一人ひとりが防災に対する意識を高くもって、いざという災害時に備えることが寛容です。

彼らの研究を無駄にしないためにも、そして、私たち一人ひとりが命を大切にして生き抜くためにも!

>> 防災グッズ(地震対策用品30点セット)ならコレがオススメ!

めざましテレビ、ヒルナンデス、グッドモーニング等のテレビや雑誌で紹介され、

楽天週間MVP、ランキング総合1位獲得!

大手企業や官公庁でも多数採用実績アリ!

グッドデザイン賞受賞の防災セット!

被災者の声を元に防災士が厳選した地震対策30点避難セットです!

お買い求めは、コチラからどうぞ!

↓↓↓


グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】

down

コメントする