大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

首都圏直下型地震は予知できるってホント!東海大学の長尾教授の真意は!?

time 2016/05/29

首都圏直下型地震は予知できるってホント!東海大学の長尾教授の真意は!?

首都圏直下型地震は予知できるってホント!

東海大学教授、東海大学海洋研究所長 地震予知・火山津波研究部門 長尾年恭氏が雑誌「プレジデント」で発言している地震予知に関する内容には、たいへん興味深いものがあります。

長尾教授によると、

世間では、南海地震・東南海地震・東海地震の連動性の可能性ばかりが取り上げられて心配されていますが、実は、内陸型地震も1596年に慶長伊予地震・慶長豊後地震・慶長伏見地震が1週間足らずの間に立て続けに発生しており、この四国を東西に横切る中央構造線沿いで、またこのような地震の連鎖が起きないと断言することはできないということです。

image

熊本地震により大分エリアにまで震源域が広がった今回の地震の延長線上には中央構造線がありますから、この長尾教授の発言は聞き捨てならないことです。

Sponsored Links

長尾教授によると、

ひとつの地震を分析することで、その地震が次の大きな地震の兆候であるかどうかが判るはずで、連動地震が起きる場合には数日後の場合もあれば数年後の場合もあるということです。

つまり、地震を含めさまざまな自然現象のデータを集めて分析する能力を高めることで、今後起きるかもしれない地震のシグナルを見つける能力はまだまだ高められるはずだということを長尾教授はおっしゃっています。

そして、我々は、その地震予知技術の進歩を受けて、より現実的でしっかりとした対策を講じることにより、一人でも多くの生命を守る行動をとらなければならないと思います。

大きな地震が起きるたびに、大きな悲しみを共有するだけでなく、次は自分がそのような災害に遭遇するかもしれないということを真剣に考えて、自分や家族の生命を守るための備えを怠らないようにしましょう。

今こそ地震に対する備えを!

今、日本では多くの研究者たちが必死になって大地震の発生を少しでも早く予知して被害を最小限に留めることができるように・・・と奮闘しています。彼らの警告は真摯に受け止めて、当たり外れを問題にするのではなく、国民一人ひとりが防災に対する意識を高くもって、いざという災害時に備えることが寛容です。

彼らの研究を無駄にしないためにも、そして、私たち一人ひとりが命を大切にして生き抜くためにも!

>> 防災グッズ(地震対策用品30点セット)ならコレがオススメ!

めざましテレビ、ヒルナンデス、グッドモーニング等のテレビや雑誌で紹介され、

楽天週間MVP、ランキング総合1位獲得!

大手企業や官公庁でも多数採用実績アリ!

グッドデザイン賞受賞の防災セット!

被災者の声を元に防災士が厳選した地震対策30点避難セットです!

お買い求めは、コチラからどうぞ!

↓↓↓


グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】

Sponsored Links

チェック項目

1.避難用リュックは準備していますか?

>> 防災セットならコレ!楽天市場で売り上げ1位は防災士監修の優れもの!

2.家具転倒防止の対策はお済ですか?

>> 家具の転倒防止グッズなら不動王!楽天で第1位獲得!

3.防災用テントは準備していますか?

>> 防災用にテントは必需品!これで避難生活を乗り切る!

4.ライトや充電器を搭載したラジオは準備していますか?

>> 防災グッズのオススメ!手回し式のライト搭載ラジオ!スマホの充電器にも大活躍!

5.エコノミークラス症候群への対策はお済ですか?

>> エコノミークラス症候群の予防にはスイスのペノサン社製弾力ストッキング!

6.モバイルバッテリーは携帯していますか?

>> SOLOVEモバイルバッテリーなら大容量で急速充電!オシャレで可愛い防災グッズ!

down

コメントする