大震災を生き抜くための備え

日本は地震大国です。いつどこで地震に遭遇するかもしれないということを肝に銘じて、普段から地震に備えておくことが大切です。ここでは、大震災を生き抜くための心構えや防災グッズなどをご紹介します。

住宅診断おすすめプラン!LIXILグループのインスペクションNextで住まいを知り備える!

time 2016/05/13

住宅診断おすすめプラン!LIXILグループのインスペクションNextで住まいを知り備える!

今年は、世界的にも地震が多発しているように感じます。

もし、自分の住んでいる地域で大地震が起きたら・・・

アナタのお家は大丈夫ですか?

震度7でも耐えられますか?

そんな不安を抱えている方は、

LIXILグループインスペクションNext住宅診断をおすすめします。

↓↓↓

LIXILリアルティ 住まいショップ

 

インスペクションNextとは・・・

・不動産の売買にあたって、建物を検査することで売る方も買う方も安心して売買することが出来ます。

・実績ある第三者機関が、建物の基礎・躯体に関して詳細に検査をします。

・詳細な報告書で、建物の基礎や躯体などがどのような状態か、写真付きでわかりやすくお見せします。

サービスの流れ

Step1.ネットからお申込み

Step2.住まいショップ担当者からメールで確認

確認事項・・・必要な図面・書類、床下点検口の有無、検査ご希望日など

Step3.検査業者からメールで確認(検査日の決定)

Step4.検査の実施

Step5.報告書の発送

建物検査は、LIXILグループジャパンホームシールド株式会社が行います。

検査実績は累計100万棟を超え、業界のリーディングカンパニーです。

Sponsored Links

検査項目

1.設備機器の検査

住宅設備機器(トイレ、ユニットバス、キッチン、洗面化粧台など)が正常に動作するか、故障や水漏れがないかを検査します。

2.建物の性能の検査

快適な住まいの目安である耐震性・耐熱性・防犯性・バリアフリーなどの性能について検査します。

3.建物の劣化の検査

経年による構造体の劣化や雨漏れの有無、配管の劣化による水漏れの有無を検査します。

土台・基礎・外壁などのひび割れや劣化、内壁と天井、小屋裏などの雨漏りの跡や劣化、床の沈み・傾斜、壁の傾斜など。

4.シロアリ被害の検査

床下に入り、シロアリに関する検査を行います。現時点でシロアリの問題が発生していないかを調査します。

地震対策だけでなく、防犯やシロアリなど、この機会に改めて住まいの安全性をチェックしてはいかがでしょうか?

備えること = それは、まず自分の住まいを知ること!

インスペクションNextの住宅診断おすすめプランの詳しい内容は、コチラからご覧ください。

↓↓↓
200㎡未満。シロアリ検査あり

200㎡未満。シロアリ検査なし

Sponsored Links

down

コメントする