動画

ブラックアウトとは?東京大停電をドキュメントから学び備える!

ブラックアウトとは?

ブラックアウトとは、停電のことを指します。一般的に使われるようになったのは、2018年(平成30年)9月6日に発生した北海道胆振東部地震によって北海道全域で停電になったことからです。以来、ブラックアウトとは、主に巨大地震などによって引き起こされる広域停電のことを指すようになりました。

北海道胆振東部地震では北海道電力の発電所が全て停止し、北海道全域の最大約295万戸が停電しました。これだけの広範囲に及ぶ大規模停電は日本では初めての出来事だったのです。

ブラックアウトが起きるメカニズム

電気は、発電される電気の量(供給量)と消費量(需要量)がある程度一致していないと周波数が乱れ、その結果、電気の供給が正常に行えなくなり、安全装置の発動によって発電所が停止してしまうのです。通常の「停電」は、電力会社が需給バランスが崩れないように計画的に停電を行うのですが、ブラックアウトは地震によって発電所の予期せぬ停止が相次ぐことによって引き起こされるアンコントローラブルな停電とも言えるのです。

北海道胆振東部地震の場合には、地震発生後に北海道で一番大きな発電所である苫東厚真火力発電所(2号機・4号機)が機器の一部破損により停止、その後立て続けに風力発電所・水力発電所・苫東厚真火力発電所(1号機)の停止が重なったことにより、電力の供給量が大幅に減少し、電力の需給バランスが乱れてしまい、ブラックアウトが発生したのです。

ブラックアウトによる影響

ブラックアウトが発生すると、そのエリアに住んでいる住民にとって多大な影響が生じます。電気・水道が断たれ、物流や通信が麻痺します。

家庭では、停電によって水道が使えなくなり、飲料水はもちろんトイレの水も流れない状況になります。テレビも見れないので情報源は主にスマホやラジオとなりますが、充電ができない状況となります。マンションではエレベーターが停止し、閉じ込められるという事態も多発します。

病院などの医療機関では、自家発電装置があれば数日は電気が使えますが、長期間の停電には対応できないため、人工呼吸器や人工透析などが欠かせない患者さんにとっては命にかかわる問題となります。北海道胆振東部地震の場合には、一部の自家発電装置を備えた病院に重篤な患者が集められましたが、自家発電の燃料は3日しかもたなかったそうです。また、災害時には負傷者が続出することも想定されますが、医療行為の継続が困難となる可能性もあります。

道路は信号機や夜間照明が停止し、交通事故が多発し交通が麻痺して物流が滞ることが想定されます。また、鉄道も停止し移動手段が断たれてしまいます。物流が麻痺すると、スーパーやコンビニに商品が届かなくなり、水や食料・日用品などが不足してしまいます。

Sponsored Links

東京がブラックアウトになったら・・・!?

東京がブラックアウトになることがあるのでしょうか!?北海道で起きたことが関東で起きないという保証はありません。今後30年間で70%の確率で起きると言われている首都直下地震が発生したとすれば、関東広域でブラックアウトが起きてもおかしくはないのです。

もし、首都直下地震によってブラックアウトが起きたと想定すると、地震によって甚大な被害が生じたうえに、その後もライフラインが断たれた状況で長期間にわたり避難生活を余儀なくされることが想定されます。いったい、どんな過酷な状況が待っているのでしょうか?また、今から備えておくべきことは何なのでしょうか?

そんなブラックアウトをシミュレーションで仮想体験しておくことはとても大切なことだと思いませんか!?NHKでは、以下の番組でブラックアウトが起きたときの仮想体験とそれにどう備えるかについて学ぶことができます。

BS1スペシャル「想定ドキュメント 東京大停電」
放送 2020年3月10日(火)午後7時〜[BS1]

近年、地震や台風などで相次いでいる大規模停電。もし東京が停電に陥ったら、何が起きるのか。最新の分析などをもとに、直面する事態をドラマを交えて描き出す。待ち受けているのは、電気・水・医療など生活の基盤が根底から揺るがされ、災害を生きのびた人たちを脅かしていく現実だ。首都圏全域が停電するブラックアウトを想定した東京電力の訓練やブラックアウトに備える様々な対策とともに、大規模停電の脅威に迫る。

NHKスペシャル「巨大都市 大停電 〜“ブラックアウト”にどう備える〜」
放送 2019年9月1日(日)午後9時~[NHK総合]

日本で初めてブラックアウト(全域停電)が起きた北海道胆振東部地震から1年が経ちました。今回、当時の映像や当事者の証言などの解析から、北海道では、医療機関の情報共有システムが機能せず、災害時の患者の転院に混乱が起きるなど「医療崩壊寸前」の状態に陥っていたことが分かってきました。さらに、電気に依存していた物流システムが寸断され長期間にわたって食料品などの供給不足が発生していたことも明らかになりました。

首都直下地震が発生した時、首都圏ブラックアウトは起きるのか?内閣府の想定では、電力の供給能力は5割程度に低下し、広域で停電が発生するとされています。地震から生き延びた人たちは、大停電によってどのような危機に見舞われるのか?大停電に備えるためにはどうすればよいのか?シミュレーションドラマを交え、その時への備えを考えます。

この番組を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。U-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

ユーネクストの31日間無料トライアルの申し込みはコチラから

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓

U-NEXT 31日無料体験の申込み

今こそ地震に対する備えを!

防災士徹底監修!防災用品トップメーカーが作った防災セット!

大阪水上警察をはじめ審査の厳しい官公庁や上場企業にも採用されています!

約2億商品の中から楽天総合ランキング1位を獲得した防災セットSHELTERシリーズ。軽量・大容量リュックに災害時に役立つさまざまなアイテムを取り揃えた2人用防災セットです。

  • ライフラインが止まったら…
  • スーパーやコンビニから食料品がなくなったら…
  • 避難所で生活するようになったら…

あなたの備えは本当に十分ですか!?

>> ラピタ防災セットSHELTERが一番売れている理由は?

洗練されたデザイン!リーズナブルな価格!充実したセット内容!

防災メーカー渾身のセット内容!


防災セットSHELTER(2人用) 18,900(税込)

※キッズ用、赤ちゃんとおかあさんのセットもあります!

Sponsored Links