動画

首都直下地震を動画で学ぶ!NHKシミュレーションドラマはU-NEXTで!

NHKスペシャル シリーズ「体感 首都直下地震」で巨大地震の恐怖を模擬体験!
放送 2019年12月1日〜8日よる 全7回
見逃した方はユーネクストの31日間無料トライアルで視聴できます!

首都直下地震を生き抜くために必見!

アナタがこの巨大地震にどう備えるべきか・・・見えてくるはず!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓

U-NEXT 31日無料体験の申込み

 首都直下地震とは?その被害規模の想定は?

首都直下地震」は、政府の地震調査委員会が今後30年以内に70パーセントの確率で起きると予測している、マグニチュード7程度の大地震です。

異なる震源の複数の地震が想定され、このうち首都中枢機能への影響が最も大きいと考えられるのが、都心南部の直下で起きるマグニチュード7.3の大地震です。東京の江戸川区と江東区では震度7、東京、千葉、埼玉、神奈川の4つの都県では、震度6強の激しい揺れが想定されています。

冬の夕方、風が強い最悪の場合は、全壊または焼失する建物は61万棟に上り、このうち火災で焼失するのはおよそ41万2,000棟とされています。死者はおよそ2万3,000人にのぼり、その7割にあたるおよそ1万6,000人は火災が原因で死亡するとされています。けが人は12万3,000人、救助が必要な人は5万8,000人、避難者数は720万人に達すると想定されています。

電気や上下水道などのライフラインや交通への影響が長期化し、都心の一般道は激しい交通渋滞が数週間継続するほか、鉄道も1週間から1か月程度運転ができない状態が続くおそれがあるとしています。

経済被害は、建物が壊れるなど直接的な被害は42兆円余り、企業の生産活動やサービスが低下する間接的な被害は48兆円近くで、合わせて95兆円と国の年間予算に匹敵するとされています。

これほど甚大な被害をもたらす巨大地震は、これまでに経験したことがありません。これまでにも阪神・淡路大震災や東日本大震災を経験してきましたが、それらの大地震をも上回る未知数の巨大地震なのです。そんな地震がいつ起きてもおかしくない状況にあるのです。

この地震にどう備え、どうやって生き抜くのか!?そのスキルを学ぶ必要に迫られているのです!

Sponsored Links

首都直下地震後の被災状況生を予想できますか?

東京、千葉、埼玉、神奈川の4都県に在住または勤務している人にとって、今後30年以内に70パーセントの確率で起きると予測されている首都直下地震は命を脅かす恐ろしい災害であることは間違いありません。その一方で、もし首都直下地震が起きたら、いったいどんな状況になり、地震直後に命が助かったとしてもその後どのように行動して自分の命を守る行動をすべきか?ということを真面目に考えている人は、いったいどのぐらいいるのでしょうか?

記憶に新しい巨大地震と言えば、阪神淡路大震災や東日本大震災が挙げられます。しかし、国内で最も人口が密集し政治・経済の中枢でもある首都圏において広域的な巨大地震が起きたとすると、これまで経験した巨大地震の経験則では通用しない計り知れない事態が待ち受けていると考えられます。

なぜなら、東京、千葉、埼玉、神奈川の4都県の人口はざっと3,500万人で日本の人口の約3分の1に相当します。そして、これだけ多くの人が一瞬のうちに被災者となるわけです。電気・水道・ガス・鉄道などの復旧は、政府・自治体・電力会社・ガス会社・鉄道会社などが正常に機能していることが前提となりますが、行政や自治体も被災しているわけですから、迅速な復旧活動は期待できない可能性が高いのです。

首都直下地震後に無事に生き残ったとしても、その後に生きながらえるのは決して容易いことではないと言わざるを得ません。おそらく、かなり長期間に渡り避難生活が余儀なくされることから、水や食料の不足、防寒対策、避難所不足、病院などの医療機関の機能麻痺、支援物資が届かない空白地帯の問題など、とにかく支援活動が追いつかない状態となる可能性があります。

さらに、多くの住民が巨大災害によって窮地に陥った時には人身が不安定になり犯罪行為が増える可能性もあります。また、うつ病など心の病が増える可能性もあります。

地震後にどう生きのびるか?今なにを備えるべきか?

今後30年以内に70パーセントの確率で起きると予測されている首都直下地震。しかし、いつ起きるかもわかりません。しかし、いずれ必ず起きるであろうことを覚悟して、真剣にこの巨大地震に備えるべきときが来ています。

首都直下地震に備えるには、その巨大地震の脅威について知識を深めること、震災後にどんな悲惨な状況が想定されるのかを知る必要があります。そのために、教材となる素晴らしいテレビ番組(動画)があります。それが、2019年12月1日から全7回にわたって放送されるNHKスペシャル「シリーズ 体感 首都直下地震」です。

Sponsored Links

NHKスペシャル 「シリーズ 体感 首都直下地震」

NHKが総力をあげて放送するNHKスペシャル「体感 首都直下地震」全7回。NHKでは、NHKスペシャルの他に、各時間帯のニュースや「あさイチ」「ごごナマ」など様々な番組、デジタルサービス、イベント展開と連携しながら「体感 首都直下地震ウイーク」を発信する予定です。

2日目〜5日目のDAY1〜4では、首都直下地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュ-スチ-ムの戦いを、4日間にわたりリアルタイムのドラマ「パラレル東京」で臨場感たっぷりに描かれます。小芝風花、高橋克典、伊藤淳史らが出演する予定です。

プロローグ「あなたは生きのびられるか」 2019年12月1日21時〜放送

DAY1「あなたを襲う震度7の衝撃」 2019年12月2日19時30分〜放送

DAY2「多発する未知の脅威」 2019年12月3日22時〜放送

DAY3「命の瀬戸際 新たな危機」 2019年12月4日22時〜放送

DAY4「危機を生きぬくために」 2019年12月5日22時〜放送

終わりの見えない被災 2019年12月7日21時〜放送

災害に耐える社会をつくる 2019年12月8日21時〜放送

プロローグ「あなたは生きのびられるか」

放送 2019年12月1日(日)午後9時〜[NHK総合]

新しい令和の時代も様々な災害に襲われ大きな被害を受け続けている日本。こうした中、今後30年以内に70%という高い確率で発生することが懸念されている大災害が首都直下地震です。想定M7.3、最大震度7。揺れによる全壊家屋最大約17万5千棟、焼失家屋41万2千棟、死者2万3千人、負傷者12万3千人、経済的被害95兆円…。首都直下地震が起きたら一体何が起きるのか?その被害の全貌を、内閣府中央防災会議作成の被害想定に最新の研究成果を加えて紹介しつつ、1週間連続する集中編成で、視聴者の皆さんにどう首都直下地震を先取りして体感してもらい、命を守るノウハウをどのように知ってもらうか・・・ナビゲートしていきます。

DAY1「あなたを襲う震度7の衝撃」

放送 2019年12月2日(月)午後7時30分〜[NHK総合]

DAY1〜DAY4では、私たちが暮らす東京とは別の架空の東京=“パラレル東京”でM7.3の首都直下地震が発生した様子を、VFXを駆使して描くドラマ「パラレル東京」を軸に、ほぼリアルタイムで進行していきます。“発災”時刻は12月2日午後4時4分。震源は都心南部…。被害の実態をドラマで紹介しつつ、さらになぜこうした被害が発生するのか、その背景の詳細や構造的な問題を生放送のスタジオでゲストとともに考えていきます。

ドラマ「パラレル東京」のあらすじ

NNJテレビのアナウンサーの倉石美香(26)(小芝風花)は入社4年目。「ナイトニュース」でスポーツを担当するサブキャスターだ。突然発生した首都直下地震に巻き込まれメインキャスターが行方不明になったため、美香は編集長である江口繁之(49)(高橋克典)に自分が伝えると志願する。未曾有の被害を伝え続ける中、同僚が火災に巻き込まれ、自分の妹との連絡も途絶えてしまう。首都・東京、そして日本はいったいどうなってしまうのか…。

「DAY1」は発災当日の被害の様子。ビル倒壊、同時多発火災、列車の脱線、大停電、群衆事故など、想像以上の事態が次々と発覚。先の見えない被災状況を体感し、命を守るすべを考える。

DAY2「多発する未知の脅威」

放送 2019年12月3日(火)午後10時〜[NHK総合]

「DAY2」は発災から30時間あまりが経過した首都圏の姿…。一夜明けて被害状況が明らかになってきた首都・東京。猛威をふるい続ける同時多発火災はいまだおさまらない。そればかりか高さ200メートルにも及ぶ炎の竜巻“火災旋風”など様々な“未知の脅威”が襲いかかる。倒壊したビルや建物に取り残されている人は推定5万人。だが緊急車両の不足や激しい渋滞で救助の手は届かない。ドラマ「パラレル東京」では、主人公・美香が、倒壊した雑居ビルに閉じ込められた十代の女性と電話で話をすることになる。希望を失いかける女性を励ます美香だが、予想外のニュースが次々と飛び込み大混乱に見舞われる。SNSに飛び交うデマ情報で多くの人々が死傷。首都直下地震は人災の側面も現わし始めた。そして深夜、大規模停電の影響で、携帯電話の基地局の電源が喪失。“広域通信ダウン”が発生する…。

生放送のスタジオでは、なぜこうした想定外の被害が起きるのか、その詳しい仕組みを解説、大都会の知られざる弱点を見ていきます。

Sponsored Links

DAY3「命の瀬戸際 新たな危機」

放送 2019年12月4日(水)午後10時〜[NHK総合]

「DAY3」は発災から50時間以上たった東京の姿。大規模火災はようやく鎮火に向かいはじめる。しかし各地で避難所が開設されるものの食料や水など物資の不足が目立ってきた。避難者たちの体力、精神力も限界が近く、遺体の身元確認も追いつかない。そして首都・東京は、さらに予想外の事態に襲われ続ける。ドラマ「パラレル東京」でも、停電から復旧した建物で起きる通電火災が発生。再開した株式市場では株価が暴落、多くの外国企業も日本から脱出しはじめる。主人公・美香の妹もいまだ消息不明。そんな中、雑居ビルに閉じ込められた人の救出が、東京消防庁のハイパーレスキュー隊によって開始された。だがそこに、震度6強の最大余震が襲いかかる…。

発災3日目以降の特徴は、揺れや火災から生き残った人々の命が、また別の形で脅かされ始めるという事態に突入することです。中でも病院にたどり着きながら治療を受けられずに亡くなる人の数は、発災以降6千人以上に上るとされています。新たなフェーズに入った首都直下地震の被災地の被害の詳細を見ながら、身を守るすべを考えていきます。

DAY4「危機を生きぬくために」

放送 2019年12月5日(木)午後10時〜[NHK総合]

「DAY4」は発災から80時間余りが経過した首都・東京の姿。ドラマ「パラレル東京」では、最大余震によって復旧しかけていた首都機能が再び失われる。各地で土砂崩れが発生。そうした中、SNSに東京東部の河川の堤防が崩れたという未確認情報があがる。もし決壊すれば、地震洪水という未曽有の複合災害となる恐れがあった。裏が取れない危機の存在をどう伝えればいいのか。美香たちは一分一秒を争う究極の選択を迫られることになる…。

発災からの4日間を見てきたことで浮かび上がってくるのは、私たちが目の前の危機に対ししっかり備えられているかどうか、いま一度足元を確認する必要があるということです。生スタジオではMC・ゲストが、大災害が私たちを襲ったときにどうなるのか、自分自身や、大切な人の身に何が起きるのか、あらかじめ知り、想像し、十分考えをめぐらせておくことの重要性をかみしめます。さらに、人々が一極集中する都会が抱える様々な問題点や、社会的コンセンサスの必要性などを再確認していきます。

終わりの見えない被災

放送 2019年12月7日(土)午後9時〜[NHK総合]

首都直下地震の発生から1週間、1か月後、1年後、10年後の東京、日本はどうなるのか?DAY1〜DAY4までの「直接的な危機」を運良く乗り越えたとしても、命を脅かす“二次被災”のリスクが次々に降りかかることが最新研究で明らかになってきました。番組では専門家らと共に「巨大イベントツリー」を作成。将来起きうる事象を可視化し、1つの選択がいかに派生的な困難を生むか、明らかにしていきます。発災から1週間、全国規模で大規模な水不足が起きるおそれや、助かった命が危機にさらされる「医療空白地域」が生み出される危険性が指摘されています。発災1か月には、仮設住宅の不足などで、100万人を超える「住宅難民」が生まれ、東京から移住する「震災疎開」によって、家族離散に追い込まれる人も出てくると言われています。そして、発災1年後、10年後・・・試算では経済損失は731兆円(20年間)にも及ぶとされ、膨大な震災がれきと圧倒的な人不足・重機不足もあって復興が大幅に遅れる恐れがあります。日本社会が体力を失っていくリスクが見えてきました。

ゲストにドラマ「パラレル東京」でDAY4まで“サバイブ”した女優・小芝風花さんを新たに迎え、終わりの見えない被災を見ていきます。

災害に耐える社会をつくる

放送 2019年12月8日(日)午後9時〜[NHK総合]

様々な困難が次々と私たちの身に降りかかってくることが明らかになったNスぺシリーズ「体感 首都直下地震」。最終日は「どうすれば被害を減らせるのか?」、平時のいま出来る備えは何かを考えていきます。

防災の専門家によれば、人口減少や財源不足などから、首都直下地震への対策は、「今後10年がタイムリミット」だといいます。人口、経済、行政機能、情報などあらゆるものが一極集中する首都圏での大規模災害。対策には、社会や国のあり方そのものを変えなければ「国難を迎えかねない」といいます。

では、どこから手をつければいいのか?そのヒントとなるのが、前日の土曜日のNスペで紹介した「イベントツリー」です。震災直後から長期にわたって私たちに襲いかかる5000におよぶ困難を可視化したイベントツリー。そのイベント(困難)の連鎖を詳細に分析し、その大本となる原因を探ることで、被害を抑える「ターゲット(課題)」が浮かび上がってきました。

今後30年以内に70%の確率で発生するとされる首都直下地震。さらには80%の確率といわれる南海トラフ地震。私たちに迫る大災害から少しでも命と財産を守るために、いま私たちが取り組まなければいけないことは何か?災害に耐える社会への処方箋を探ります。

Sponsored Links

NHKスペシャル シリーズ「体感 首都直下地震」で巨大地震の恐怖を模擬体験!
放送 2019年12月1日〜8日よる 全7回
見逃した方はユーネクストの31日間無料トライアルで視聴できます!

首都直下地震を生き抜くためには必見!

アナタがこの巨大地震にどう備えるべきか・・・見えてくるはず!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓

U-NEXT 31日無料体験の申込み

今こそ地震に対する備えを!

防災士徹底監修!防災用品トップメーカーが作った防災セット!

大阪水上警察をはじめ審査の厳しい官公庁や上場企業にも採用されています!

約2億商品の中から楽天総合ランキング1位を獲得した防災セットSHELTERシリーズ。軽量・大容量リュックに災害時に役立つさまざまなアイテムを取り揃えた2人用防災セットです。

  • ライフラインが止まったら…
  • スーパーやコンビニから食料品がなくなったら…
  • 避難所で生活するようになったら…

あなたの備えは本当に十分ですか!?

>> ラピタ防災セットSHELTERが一番売れている理由は?

洗練されたデザイン!リーズナブルな価格!充実したセット内容!

防災メーカー渾身のセット内容!


防災セットSHELTER(2人用) 18,900(税込)

※キッズ用、赤ちゃんとおかあさんのセットもあります!

関連記事

>> 群衆雪崩とは?大都市災害での盲点となる恐ろしい事故!

>> 火災旋風とは?その脅威・身を守るすべは?

>> 地震洪水とは?海抜ゼロメートル地帯の荒川下流域が危ない!

Sponsored Links