基礎知識

内水氾濫とは?外水氾濫との違いは?備え・対策は?

「内水氾濫」とは?

内水氾濫とは、市街地などに降った雨が排水路や下水管の雨水処理能力を超えた場合や、雨で川の水位が上昇して市街地などの水を川に排出することができなくなった場合に、市街地などに水が溢れてしまう浸水害のことです。特に、都市部では雨水が地面に浸水しにくい構造になっており、短時間で大雨が降ることにより排水路や下水管の処理能力を超えることで内水氾濫が発生する可能性があるのです。

これは豪雨災害の際の盲点になる可能性があるのです。豪雨のときに河川の水位が上昇することで堤防の決壊などによる水害ばかりを心配してしまいがちですが、都市部では堤防が決壊しなくても堤防の内部から「内水氾濫」によって水害が起こりうるということを肝に銘じておく必要があるのです。

内水氾濫は標高が低く体積が小さいエリアで発生する可能性が高く、具体的には地下街、地下室、道路のアンバーパスやトンネルなどで発生することがあります。内水氾濫は雨水処理能力を向上させたり、貯水池や遊水池を設置させたりすることによってハード防災対策を取ることができます。

2019年10月の台風19号による浸水被害では、神奈川県川崎市や東京都世田谷区でマンションや病院の内部にまで大量の浸水が起きて、予想外の事態を招く結果となりました。大量の雨水を下水道から川に排出できなくなり、雨水が地上にあふれ出るという内水氾濫が引き起こした水害です。

また、2020年7月の梅雨後期豪雨の際には、福岡県大牟田市で河川の氾濫はなかったにもかかわらず広範囲で浸水被害がありました。これは、排水ポンプが大量の雨水によって水没し故障してしまったために起きた内水氾濫だったのです。

外水氾濫との違いは?

外水氾濫とは、台風や大雨等によって川の水が堤防からあふれたり、堤防が決壊したりすることによって市街地が浸水する水害のことです。一方、内水氾濫は堤防から水が溢れなくても河川へ排出する水処理の能力不足で発生する浸水害です。

内水氾濫への備え

防災気象情報などをこまめに確認するとともに、平時から内水氾濫への備えをしておき、被害を最小限に抑えられるようにしましょう。

  • 側溝などの掃除
  • ハザードマップの確認
  • 避難経路と避難場所の確保
  • 防災気象情報のこまめな確認
  • 早めの避難行動

Sponsored Links