基礎知識

流域治水とは?メリット・デメリットは?

流域治水とは?

近年、地球温暖化の影響で台風や梅雨の豪雨による水害が多発かつ甚大化しています。従来より「治水」と言えば、堤防を作って河川の水を氾濫させないことに主眼が置かれていました。しかし、堤防を高くするには限界があり、また、莫大な費用と時間を要します。治水の専門家は「水をあふれさせない治水だけでは、もはや温暖化の怖さに太刀打ちできない」と言います。

そこで、今、行政で「溢れさせない治水」から「計画的に溢れさせる流域治水」へと政策の転換が進められているのです。

「流域治水」とはダムや堤防に加え、水を溢れさせる場所をあえて作り、流域全体で水を受け止めて水害を減らそうという施策です。水をあふれさせる場所は、水田など都市開発が進んでいない地域をピンポイントで選びます。このような「遊水池」を作る治水はこれまでも行われていましたが、敷地のある一部に限られていました。

茨城県・久慈川流域の「霞堤」の事例

実際に、「流域治水」の計画が進められている川があります。茨城県の久慈川流域です。久慈川は2019年の台風19号で決壊し、中流から下流にかけての広い範囲で浸水被害が起きました。これをきっかけに、国土交通省関東地方整備局が流域治水の1つとして注目したのが「霞堤(かすみてい)」と呼ばれる対策です。

この霞堤の仕組みは、上流の堤防の一部を低くして計画的に周りの水田などに水を溢れさせ、上流に水の行き場を確保することで水量を減らして、下流の住宅街などに被害が及ぶのを防ぐというものです。

実はこの「霞堤」という施策は、戦国時代から伝わる伝統的な治水方法で、甲斐(今の山梨県)の戦国大名・武田信玄が考案したものだと言われており、かつては全国各地に存在していました。

「霞堤」のメリット・デメリット

霞堤は、建設に莫大な費用と時間のかかるダムや堤防の整備より、簡単で早くできる対策として注目されています。

しかし、デメリットもあります。この霞堤は、下流の住宅を守るために上流の田畑を犠牲にするという考え方にほかならないからです。農家の人たちにとっては複雑な心境だと思います。

かつて、江戸時代には火事が起きると、町火消したちが延焼を防ぐために家を取り壊したと言われています。社会全体で災害をできるだけ小さくするために、誰かの家が犠牲になるわけです。

現代社会ではなかなか受け入れがたいシステムかもしれませんが、補償問題を整備することで緊急事態の際の選択肢のひとつとすべきなのかもしれません。

 

Sponsored Links