予知

2020夏MEGA地震予測!村井俊治東大名誉教授が警告する4つの警戒ゾーン!

新型コロナウイルスが猛威を振るう日本で巨大地震を警戒!

中国・武漢に端を発した新型コロナウイルスはまたたく間に世界中に感染が拡大し、日本においても猛威をふるいました。2020年4月7日に発令された緊急事態宣言は5月下旬に解除されましたが、今後、第2波・第3波の感染爆発が起きる可能性があると言われています。

そんな時に、もし日本に巨大地震が起きたら・・・!?地震や津波による災害、避難所における感染リスク、医療崩壊、物流麻痺、経済のさらなる打撃・・・さまざまなリスクを考えただけでも恐ろしくなります。

こんな時だからこそ起きてほしくない!でも、こんな時だからこそ、巨大地震のリスクもしっかりと認識して備えておく必要があると思うのです。

そして、どうやら巨大地震を警戒しなければならない兆候が出始めているようなんです。

村井俊治・東大名誉教授が警告する理由とは?

村井俊治・東大名誉教授は測量学の世界的権威で、過去に発売された週刊ポスト「MEGA地震予測」で数々の地震予測をさせてきた人です。

その村井教授は、地震が頻発した今年4月中旬以降とそれ以前の大きなギャップに注目していると言います。

『4月上旬までの3週間は、全国的に異常変動がほとんど見られませんでした。これほど長期間にわたって静穏状態が続いたのは、2011年の東日本大震災以降初めてのことです。長い静穏期間の後に中小規模の地震が続くと、大きな地震の起きる可能性が高井ことが研究からわかっています。』

村井教授の手法は、国土地理院が全国1300ヶ所に設置した「電子基準点」のGPSデータを用い、基準点の1週間ごとの上下動である「異常変動」、地表の長期的な「隆起・沈降」、地表が東西南北のどの方向に動いたかという「水平方向の動き」の3つの指標を総合的に分析して地震発生との関連性を予測しています。

さらに、今回は予測手法をインプットした学習型AIを本格的に導入し、膨大な基準点のデータをAIが分析・算出した危険度も予測に加味しているそうです。

こうして新たにAIを駆使して予測した結果、最も警戒すべき4つのゾーンが判明したというのです。

Sponsored Links

今、最も警戒すべき4つのゾーンとは?

1.東北警戒ゾーン

東日本大震災以降、日本列島の中で最も大きな返答が続いているのが、この東北警戒ゾーンです。秋田県南東部の電子基準点「皆瀬」の8.23センチを中心に異常変動も集中し、大地震発生が危惧されると指摘しています。

村井教授曰く『東日本大震災の発生直前、その震源となった海域に向かって大きな水平方向の動きが見られました。我々が「プレスリップ」と呼んでいる現象ですが、それと似た動きが5月中旬に見られました。これは3・11以降、初めての現象です。特に岩手県の基準点「大船渡」と「S陸前高田」の周辺で大きな動きが起こっています。隆起・沈降の動きを見ても、太平洋側が隆起する一方、日本海側は沈降しており、境目にある奥羽山脈に大きな歪みが溜まり続けています。』

2.首都圏警戒ゾーン

2020年5月22日までの3日間で、東京湾を震源とする震度1〜2の地震が7回発生。4月26日には最大震度4の茨城県南部自身、5月4日と6日には最大震度4の千葉県北東部と北西部の地震が起きています。その際に、緊急地震速報が頻発したことは記憶に新しく、きな臭い感じがした人も多かったと思います。

村井教授曰く『千葉県の基準点「千葉花見川」が隆起する一方、県内の「富里」は沈降し、5月中旬に8.8センチの高低差が生じています。経験則から6センチ以上の高低差は危険水域と考えるべきで、5月に起きた東京湾を震源とする地震も、この変動が関係している可能性があります。今も2つの基準点の高低差は大きくなり続けているので警戒が必要です。』

3.北信越警戒ゾーン

2020年5月までの1ヶ月で計142回の群発地震が発生しましたが、これでエネルギーを放出し終えたと考えるのは早計だと村井教授は言います。

『1965年8月から長野市周辺で起きた松代群発地震は約5年半も続き、その間に震度5以上の地震が10回も発生しています。今回の群発地震は同様に長期化する可能性がある。特に4月23日に最大震度4を観測した松本市の基準点「松本」では4.96センチの異常変動が起こった。AIの分析でも「松本」は北信越で最も危険度が高くなっている。』

4.南西諸島警戒ゾーン

最後に指摘する警戒ゾーンは沖縄です。

村井教授曰く『水平方向の動きを見ると、南西諸島全体では南東方向の動きが見られますが、沖縄本島の東にある大東諸島だけは真逆の北西方向に動いており、境目に歪みが溜まっています。沖縄周辺の岩盤は堅固なので大地震でも比較的揺れは少ないと言われますが、1771年4月に起きた八重山地震では日本最大の85.4メートルの津波が石垣島を襲ったとされるので、警戒を怠るべきてはありません。』

今こそ地震に対する備えを!

今、日本では多くの研究者たちが必死になって大地震の発生を少しでも早く予知して被害を最小限に留めることができるように・・・と奮闘しています。彼らの警告は真摯に受け止めて、当たり外れを問題にするのではなく、国民一人ひとりが防災に対する意識を高くもって、いざという災害時に備えることが寛容です。

彼らの研究を無駄にしないためにも、そして、私たち一人ひとりが命を大切にして生き抜くためにも!

防災士徹底監修!防災用品トップメーカーが作った防災セット!

大阪水上警察をはじめ審査の厳しい官公庁や上場企業にも採用されています!

約2億商品の中から楽天総合ランキング1位を獲得した防災セットSHELTERシリーズ。軽量・大容量リュックに災害時に役立つさまざまなアイテムを取り揃えた2人用防災セットです。

  • ライフラインが止まったら…
  • スーパーやコンビニから食料品がなくなったら…
  • 避難所で生活するようになったら…

あなたの備えは本当に十分ですか!?

>> ラピタ防災セットSHELTERが一番売れている理由は?

洗練されたデザイン!リーズナブルな価格!充実したセット内容!

防災メーカー渾身のセット内容!


防災セットSHELTER(2人用) 18,900(税込)

※キッズ用、赤ちゃんとおかあさんのセットもあります!

Sponsored Links